研修のテーマは「参加者ご自身の仕事」です。
参加者ご自身の仕事から、子どもに体験させる内容を考えて頂きます。
これにより参加者ご自身が作用状況を再確認し、効率を高めるヒントが発見できます。
自分の仕事が社会でどのような役割を持ち、なぜ必要とされているかを、研修で再認識します。
改めて自分の必要性を認識することで、働く意欲を高めることができます。
作業効率UPで考えた内容を、子どもを部下に見立て実際に指導します。
考えた通りに子どもが作業をするか、どのような説明や指導で子ども達が自発的に作業できるかを体感します。この研修を通して実務での指導方法をブッシュアップし、指導力を高めることができます。



キャリア教育アワード