11月3日 九州情報大学様にご協力頂きまして、
無事 第2回キャリア教育フォーラムを終了することが出来ました。

ご多忙の中、ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。
基調講演後の参加者全員による、「私たちができるキャリア教育」につての議論は、キャリア教育を身近に感じ、自分たちで取り組みを模索してくださる機会になっていました。

このような場ができたことが、今回のフォーラムで最も取り組みたかったことでしたので、本当に開催してよかったと思いました。

フォーラム開催には九州情報大学様だけでなく、多くの皆様のお力添えがありました。

基調講演
テーマ「これからのキャリア教育」
・佐賀市立川副中学校 校長 池之上 義宏氏

をはじめ

第一分科会
「自分の活かし方を知ろう」
福山 資康氏
福山 百代氏

第二分科会
「『持続可能な社会の創り手』を育てるキャリア教育」
神田 みゆき氏

第三分科会
「『自分の軸(キャリアの軸)を考えてみよう!』
JTBオリジナルキャリア教育プログラム体験」

株式会社JTB
早川 勝重氏(CAS公認スタッフ)

第四分科会
「コンピュータを使わない、プログラミング教育の授業体験」
長嶺 雅透氏

第五分科会
「中学生・高校生にむけた手帳プログラムを通して身につくPDCA」
株式会社NOLTYプランナーズ
松浦 一平氏

第六分科会
「家を出る日のために」
~自立のためのカードゲーム~
一般社団法人 生活哲学学会
淀川 洋子氏

基調講演、分科会のご担当頂き、誠にありがとうございました。

来年も開催します。
今回ご都合でお越しいただけないとご連絡頂きました皆様も、是非来年のご参加をお待ちしております。